電子レンジに牛乳をこぼした時の掃除方法とポイント!

キッチン

電子レンジは温めるというシンプルな機能ですが、この温めを実行することで色んなトラブルに繋がってしまった家電でもあります。

今回はトラブルの一つである牛乳の吹きこぼれが発生してしまった時の対処法や掃除方法について簡潔にまとめてまいります。

臭いが付きやすい液体の牛乳がこぼれたときはどのような対処をするのが正解なのでしょうか。

スポンサーリンク

電子レンジに牛乳をこぼした時の掃除方法はこちら!


今回は電子レンジの掃除よりは電子レンジの庫内で牛乳をこぼしてしまった時の後始末方法を紹介するというスタンスです。

そのため、汚れを落とすための掃除と言うよりは牛乳対策に重きを置いています。

電子レンジの掃除方法は色々と紹介してきましたが、それらの方法と若干異なる部分が出てきますがそれは牛乳対策を優先したためなので、意識してチェックしていきましょう。

準備するもの

・クエン酸
・重曹
・キッチンペーパーや雑巾
・耐熱容器や耐熱コップ
・大さじ
・小さじ
・ゴム手袋
・スプレーボトル

やり方

牛乳が電子レンジでこぼれてしまったときの対処法はちょっと難しい部分があります。

それは、タンパク質は高温になると固まって掃除がし難くなってしまうことです。

そのため、いつも通りに電子レンジで重曹やクエン酸を温めて掃除をするというやり方が100%の正解にならない可能性があります。

それを踏まえた上で対処法を見ていきましょう。

牛乳をこぼしてすぐに行う掃除方法

①牛乳をこぼした場所をできる限り速く雑巾やキッチンペーパーで拭き取る

②粉の重曹をこぼした部分にふりかけて10分程度放置して乾燥させる

③掃除機などで粉の重曹を吸い取る

④200ccの水と小さじ2杯の重曹をスプレーボトルに入れて重曹水を作る

⑤作った重曹水と清潔な雑巾やキッチンペーパーを使って牛乳をこぼした部分以外に全体を丁寧に拭き掃除する

⑥固く絞った雑巾で水拭きする

⑦乾いた雑巾で乾拭きして終了

対処が遅く臭いが残ってしまった時の掃除方法

①耐熱容器に水200ccと大さじ1杯の重曹を入れる

②電子レンジに入れて5分程度温める

③30分ほど放置して蒸らす

④ゴム手袋を着用して耐熱容器を取り出す

⑤庫内で発生している結露をまずはキッチンペーパーや雑巾で拭き取る

⑥耐熱容器に入っている重曹水やスプレーボトルに別途用意した重曹水を使って電子レンジ庫内を綺麗な雑巾やキッチンペーパーで拭いていく

⑦固く絞った雑巾で水拭きする

⑧乾いた雑巾で乾拭きする

⑨臭いがどれだけ取れたのかをこの段階で確認する

⑩まだ臭いが残っていないのなら耐熱容器に200ccの水と大さじ1杯のクエン酸を入れてクエン酸水を作る

⑪作ったクエン酸水を電子レンジで5分程度温める

⑫30分ほど放置して蒸らす

⑬ゴム手袋を着用して耐熱容器を取り出す

⑭取り出したクエン酸水と雑巾やキッチンペーパーを使って電子レンジ庫内全体を掃除する

⑮固く絞った雑巾で水拭きする

⑯乾いた雑巾で乾拭きする

ポイント

・牛乳は放置すると嫌な臭いが発生するようになってしまうので、初動が大事
・重曹やクエン酸を放置してから取り出すとかなりの熱を持っていることが多いので、火傷に注意しながら作業をすること
・薄いゴム手袋だと耐熱容器を取り出すときにかなり熱くて火傷するケースがあるので、できれば厚めのゴム手袋を用意すること
・本格的な汚れが発生している時はメラミンスポンジなどを用意して対処すること
・牛乳はタンパク質を含んでおり温めると堅くなってしまう性質があるので、いきなり電子レンジで温めてから掃除をするのではなく最初は拭き取りを意識してから作業をすること

電子レンジにこぼした牛乳を掃除する時の注意点


牛乳を掃除する時の注意点は放置する時間が長ければ長いほど状況が加速度的に悪化することです。

牛乳の臭いは放置期間が長いほど籠もるようになりますし、何よりも牛乳のタンパク質が電子レンジで温められることでより硬くなり落とせない汚れに変質していきます。

一般的な汚れは水よりもお湯を使った方が落ちやすいのですが、タンパク質が多く含まれている牛乳が相手だとお湯を使うことでシミが残るとか汚れが落としにくくなるといったトラブルが発生するので注意してください。

また、別の注意点として牛乳は染みこんでしまうと臭いがいつまでたっても残り続ける状況になるので、できる限り清潔な雑巾を用意して拭くようにしてください。

牛乳が染みこんだ雑巾を使うとむしろ臭いを移す結果に繋がるので、臭い取りを意識しているのならいくつか清潔な雑巾やキッチンペーパーを用意して拭き取るといった体制にしましょう。

個人的には、最初のうちはキッチンペーパーで拭き取るというスタンスの方がいいと思います。

こぼした牛乳を放置していると?


牛乳は成分的に放置期間が長くなると生臭くなり牛乳特有の嫌な臭いを発するようになります。

また、虫も寄ってくる確率が上がるという情報もありますので、決してプラスに働くことはないでしょう。

これがカーペットなどにこぼしたのなら変色の原因にもなってしまうでしょう。

また、カビの原因にもなるという情報もあります。

個人的には電子レンジ内部で嫌な臭いの発生源になるのが最大の問題だと思っております。

食事における重要なポイントは基本的に味になりますが、味が良くても風味が良くないものは美味しく感じないということも多々あります。

この風味を損ねる原因になりかねないのが電子レンジ内部の悪臭であり、レンジで温めた食品がなんとなく臭いというのはある意味で冒涜と言えるでしょう。

100点満点の美味しいものが風味を損ねてしまうことで、90点や80点になってしまうと個人的には思っているのです。

どうしても牛乳の汚れや臭いが取れない時は?


どうしても牛乳特有の嫌な臭いが落ちない時は、汚れている箇所を重点的に重曹で清掃するのが正解となります。

というのも牛乳は弱酸性なのでアルカリ性の重曹ならば効率よく対処できるのです。

そのため、今回紹介した重曹を使ったやり方がベストとなります。

重曹水を使ったスプレーで嫌な臭いが落とせないときは重曹を電子レンジで温めて蒸すというやり方をしてください。

それで庫内全体を拭くというスタイルで挑めば、潜んでいた牛乳の汚れを除去できるようになります。

それでもダメならクエン酸を使ってさらに臭いを上書きしましょう。

電子レンジの汚れや臭いの主な原因は?


電子レンジで発生する嫌な臭いや汚れは食品を温めたことで飛び散ってしまう食品カスやタンパク質、そして蒸気が原因です。

これに吹きこぼれなどでこぼしてしまった食品も追加されます。

こういった汚れがミックスされることで嫌な臭いの元となるのです。

さらに放置すると細菌やカビが発生するのでもっと嫌な臭いが発生するようになるでしょう。

電子レンジの汚れや臭いを防ぐオススメの方法は?


電子レンジ内部の汚れや臭いを防ぐには汚れが発生したらすぐに綺麗にするというスタンスに切り替えることです。

これだけでも嫌な臭いが籠もる確率が減りますし、しつこい汚れの発生確率もかなり減らせます。

他には温める時は空気の通り道を作りつつもラップをしながら温めるといったやり方を取り入れると、食品カスやタンパク質が飛び散ったときの被害もかなり軽減できるでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジで牛乳がこぼれてしまったときの掃除方法をまとめました。

牛乳の嫌な臭いはかなり強烈なので対処しようと思って行動している方でも、どこが発生原因かわからないために悩んでいる人も多いでしょう。

そんな人は重曹を効率的に使って臭い取りをしてください。

高確率で嫌な臭いも除去できますし、原因も省けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました