窓の掃除にウタマロクリーナーを使う時のやり方やポイント!

窓掃除

日常生活の掃除において役立つアイテムは色々とありますが、その中には中性洗剤だけど汚れがきっちりと落とせると評判な『ウタマロクリーナー』が紹介されることが多いのです。

そこで、今回はこのウタマロクリーナーを使って窓掃除をするやり方について詳しく解説致します。

具体的にどのように掃除に使ったらいいのか、注意点はあるのか、ウタマロクリーナー以外におすすめの洗剤はあるのかも見ていきます。

スポンサーリンク

窓の掃除にウタマロクリーナーを使う時のやり方やポイント!

それでは具体的にウタマロクリーナーを使って窓掃除を行う方法を見ていきましょう。

すでに窓掃除のやり方をある程度理解している人にとっては、大きくやり方を変えることなくウタマロクリーナーを取り入れる方法となっているのですぐにでも実戦することが出来ます。

準備するもの

・ゴム手袋
・ウタマロクリーナー
・竹串
・ブラシ
・ゴム手袋
・マイクロファイバークロス
・雑巾
・スポンジ
・ペットボトル

※ガラスに何かを貼り付けたことがある人はガラスケレンがあると便利

やり方

こちらの動画はガラスケレンを使って硝子に貼り付けたモノを剥がす作業と、ウタマロクリーナーを使って掃除する方法についてまとめています。

ガラスケレンはガラス表面に付着したものを取り除く効果があるため、テープ痕やシールなどを貼り付けてしまい剥がしたいという方は用いるといいでしょう。

特に、そういった汚れがないという方は基本的に使わなくてもOKです。

ウタマロクリーナーを使った掃除方法

①ウタマロクリーナーを窓全体に噴射して、スポンジで全部に染み渡るように塗り広げる

②5分程度放置する

③汚れがひどい箇所をブラシで擦り洗いしていく

④泡汚れを水で濡らして固く絞った雑巾で洗い流す、細かい部分は竹串を利用して隙間も綺麗に拭く

⑤マイクロファイバークロスを使って磨く

⑥サッシの汚れをブラシを使ってかき出す

⑦ペットボトルの水をかけた後のウタマロクリーナーをスプレーする

⑧ブラシで擦り洗いする

⑨水で洗い流す

⑩雑巾で乾拭きする

ポイント

・そこまでひどくない汚れならウタマロクリーナーを窓ガラス全体に噴射した後は、放置せずにスポンジで汚れを落とすだけでも十分に綺麗になる
・見た目も綺麗にするにはウタマロクリーナーを使った後に洗剤成分が残らないように水拭きした後に、マイクロファイバークロスで乾拭きするとピカピカになる
・窓ガラスの内側はこれでピカピカになるが、外側はしつこい汚れがかなり発生しているのでウタマロクリーナーを使う前にシャワーなどを使って予洗いした方がいい
・ガラスケレンはシールなどが貼り付けていた人が使う掃除用具で、頻繁に使うとガラスにヒビが入る可能性があるので要注意
・あまりにもサッシの汚れがひどい時は、ブラシでかき出すタイミングで掃除機で吸い込んだ方がいい
・マイナスドライバーを使って掃除する方法もあるが、動かしているときにマイナスドライバーがむき出しになってガラスに当たったりするとおもいっきり傷が付くので個人的にはおすすめしない、傷つきにくい竹串を使った方が安全

窓の掃除にウタマロクリーナーを使う時の注意点


ウタマロクリーナーは中性洗剤ですので、そこまで注意点はありませんがゼロではありません。

こちらの公式ホームページも見て、注意点を確認していきましょう。

注意点の1つ目はカビのような厄介すぎる存在への除菌効果はないことです。

窓やサッシはあまりにも放置期間が長すぎるとカビが発生しますが、カビ除去作用はこのウタマロクリーナーにはほとんどないので注意しましょう。

カビが相手の時は塩素系漂白剤を使うことが理想ですが、塩素系漂白剤を窓に使うのは難しい人も多いと思います。

そんな人は乳酸カビトリーナーを使ってください。

また、ガラスには問題なく使えますが皮や液晶や銀製品など使ってはいけない素材もありますので、用途は広い洗剤ではありますが万能の洗剤ではないという点も注意が必要です。

他には、中性洗剤なので強いアルカリ性の洗剤や酸性洗剤よりは肌に対する影響は低いのですが、それでもゼロではないので肌が弱い人はゴム手袋を着用して作業をしないと危ないという点でしょう。

あとは、窓掃除をする時は自然と視線が上に向きがちですが、ある程度距離を置かないとスプレーをしたときに顔にかかってしまう危険性があるので要注意です。

出来るだけ高いところにある窓にウタマロクリーナーを使う時は脚立などを使って目線より下になるように調整しながら作業をした方がいいでしょう。

参照 ウタマロクリーナー公式ホームページ(https://www.e-utamaro.com/products/cleaner

ウタマロクリーナーが窓掃除にオススメの理由


ウタマロクリーナーが窓掃除にオススメの理由はウタマロクリーナーは拭き取りやすいことにあります。

ここでは2度拭きをするスタイルで紹介していますが、くもりがそこまで気にならないという方は雑巾の水拭きでもOKなのです。

マイクロファイバークロスを使ってその後に拭くのはピカピカの窓ガラスに仕上げたいからという理由があります。

中性洗剤であるため使い勝手がいいというのも高評価されるポイントなのです。

ウタマロクリーナーは窓掃除以外にもキッチンやトイレなどの掃除にも使えますので、余すことなく使えるというのもポイントでしょう。

ウタマロクリーナーを使っても汚れが落ちない時は?


ウタマロクリーナーを使っても落とせない汚れが相手の時は、動画のようにガラスケレンなどを使って削り落とすというやり方か、カビと判断して乳酸カビクリーナーのような洗剤を使うか、あまりにもしつこすぎる汚れと判断してブラシで頑張って擦り洗いするのかの3択でしょう。

カビはガラス窓掃除をサボり続けると発生してしまいますので、その時は乳酸カビクリーナーを使いつつも頑張って擦り洗いを続けるしかありません。

以外としつこい汚れが発生してしまうのが窓なので、傷つかない程度に擦り洗いすることも考えてください。

ウタマロクリーナー以外にオススメの洗剤!

ウタマロクリーナー以外にもオススメの洗剤は色々とあります。

基本的にガラス用の洗剤がたくさんあるのでその中から選ぶことになるでしょう。

ガラスマジックリン


参照URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07JG63L6K?tag=itmedia-fav-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

洗剤メーカーの中でも最大手であり、お世話になっている人も多い花王のガラス用洗剤です。

ガラス掃除で問題となる液だれの跡を出来るだけでなくするように設計されているので、使い勝手はとてもいいでしょう。

技職人魂 硝子職人


参照URL:https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e102672h/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_0_10002053&rafct=i_1

こちらはプロが使うお掃除用の洗剤で、かなり強力なアルコール系の洗剤となります。

頑固なガラスに付着した汚れをどうにかしたいという方向けの洗剤です。

スクラビングバブル ガラスクリーナー


参照URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07K2BVRTR?tag=itmedia-fav-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

とりあえずガラス用の洗剤が欲しいという人にこちらも間違いなくおすすめできる洗剤です。

こちらも同じように液だれによる筋が残らないように設計されている洗剤となっています。

窓の掃除頻度はどのくらいがオススメ?


窓ガラスの掃除頻度はその人の環境で異なりますが、だいたい数ヶ月に1回とか1年に1回という意見が多いです。

もちろん、汚れやすいガラスは掃除頻度を増やす必要があるため、あくまでも目安として認識しておきましょう。

窓の汚れを予防するオススメの方法!


窓の汚れを予防するには定期的に掃除することが一番です。

掃除するのが面倒くさいという人は、外窓には掃除後にガラス用のコーティングをして汚れにくくすることをおすすめします。

内窓には水に食器用中性洗剤を大さじ1杯程度混ぜた洗浄液を、掃除が終わった後に塗っていくことで結露防止になるため、水垢やカビの発生を抑えられるのでおすすめとなります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はウタマロクリーナーを使った掃除方法についてまとめました。

かなり使い勝手のいい洗剤となっているので、しつこすぎる汚れやカビ以外が相手なら問題なく対処できます。

他の洗剤と比べるとちょっと高めに感じることもありますが、使い勝手などを考えると値段相応と感じられる程度に高性能なので1度使ってみることをおすすめしている洗剤なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました