トイレの掃除業者の料金相場と安くする方法!メリットとデメリット!

トイレ掃除

トイレ掃除はクエン酸や重曹や消毒用エタノールなどを活用することで自分でも簡単に掃除できますが、あまりにも掃除を怠ってしまうと自力では綺麗にできない状態になってしまいます。

そこで、今回はトイレの掃除業者に依頼した場合の料金相場と、料金を少しでも安くするためのテクニックや業者に依頼するメリットやデメリットについても見て参ります。

トイレ掃除を業者に依頼した人はどのような感想を抱いているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

トイレの掃除業者の料金相場は?


トイレの掃除を専門の業者に依頼するときの平均相場はだいたい7,000円から9,000円となっています。

くらしのマーケットのような個人業者の場合は4,000円という破格の料金もありますが、基本的な襲う事業者に頼んだ場合は7,000円から9,000円が相場になっていると考えましょう。

高いところでは12,000円となっていますが、この料金には他の掃除業者では別料金になっている洗面所の掃除などがセットになっていることが多いので一概に高額とは言えなくなっています。

このように掃除は料金だけ見て安くなっていたとしても、様々な掃除が別料金になっているケースがありますので料金だけでは判断できないのです。

基本料金が非常に安いケースでも交通費などの費用が別で最終的には他の業者よりも高くなるというケースも存在しています。

そのため、比較するときは基本料金だけではなく自分が依頼したい料金だといくらになるのかで判断する必要があるのです。

トイレの掃除業者の料金を安くする裏技!


トイレの掃除業者への依頼料金を少しでも安くするための方法は大きく分けて3つほどあります。

それは『料金比較サイトを使う』『キャンペーンを活用する』『別の掃除依頼もセットにする』の3つとなります。

『料金比較サイトを使う』とは?

料金比較サイトを活用することでトイレ清掃の料金を簡単に比較できます。

料金比較サイト『ファインドプロ(https://findpro.jp/about)』で、トイレ掃除の料金を調べたい場合はトップページの下の方にある『カテゴリ』の一覧にある『トイレクリーニング』を選び、そこから自分が住んでいる都道府県を選んで、掃除を依頼したい箇所が何箇所あるのかを選んでください。

たとえば東京で1箇所と検索すると平均料金が9,584円と表示され最安値が5,500円で最高値が13,000円と表示されます。

このように簡単に料金表示がされますので、是非とも活用してもらいたいです。

『キャンペーンを活用する』とは?

トイレ掃除の依頼を請け負う業者は定期的にキャンペーンを行っているところが多いので、それらのキャンペーンを活用することで1,000円程度ならば簡単に安くできるケースがあります。

トイレが故障した場合は大至急修理依頼を出すと思いますが、清掃依頼は大至急行うものではありませんのでキャンペーンが行われるまで待つのも有効な手段と言えるでしょう。

『別の掃除依頼もセットにする』とは?

トイレ掃除の依頼を単品で行うよりもキッチンやお風呂といった別の掃除も依頼することで安くなるケースが多いのです。

料金的に割高に感じたとしても、セット料金にすると安くなるというケースもありますので値段が気になるという人はセットにすると料金が下がるのかをまず確認してみましょう。

また『複数箇所の依頼ならば○○%割引キャンペーン実施中』というキャンペーンとセットで割引になるケースもありますのでそちらも強く意識してもらいたいです。

トイレの掃除業者はどこまで掃除してくれるの?


これは業者によって異なるので明確なことは言えません。

業者によってサービスの内容が大きく異なりますので、料金よりもまずはどこまで掃除をしてくれるのかをチェックした方がいいでしょう。

トイレ掃除業者に依頼する場合にはワックスの塗布や汚れ防止コートなどがオプションで用意されているケースもありますので、何をしてくれるのかも調べた方がいいでしょう。

逆に業者によっては基本料金内にトイレタンクや温水洗浄便座の清掃が含まれていないというケースもあります。

このように業者による差が非常に激しいので、基本的に依頼をするときはトイレ本体の掃除を強調しているところよりもトイレ室内の空間全体をクリーニングするということを強調している業者の方がいいでしょう。

どのくらいの頻度で依頼したらいい?


基本的に自分で行う掃除頻度は毎日の掃除、1週間に1回の掃除、月に1回の掃除と3種類あります。

基本的にこのように細かく掃除をきっちりと行っている人は1年に1回とか複数年に1回の依頼頻度でも十分でしょう。

ただし、大家族でトイレの使用回数が多いという人は自分で定期的に掃除していても汚れるスピードがかなり速くなりますので、その場合は掃除依頼頻度も多くなってしまうでしょう。

逆に、自分で一切掃除をしないという人は1カ月に1回は掃除依頼をした方が良いと思います。

また、しっかりと掃除をしているという人でもタンク内部といったなかなか掃除をしにくい部分は放置されることが多いので、1年に1回でも依頼をした方が良いと思います。

トイレの掃除を業者に頼むメリットとデメリット


プロの業者に依頼することでのメリットとデメリットがありますので、依頼するかどうかはそのメリットとデメリットを確認してからのほうがいいでしょう。

メリット

業者に依頼する最大のメリットは普段の掃除では手が出せないような所もきちんと清掃してくれることです。

トイレの場合はウォシュレットを完全に取り外しての掃除やタンク内の掃除などが該当するでしょう。

また、頑固な黄ばみや黒ずみもプロならではのテクニックで綺麗にしてくれるでしょう。

オプションになってしまうことも多いのですが、汚れ防止コートなどを塗布してくれるところもありますので汚れにくいトイレにしたいという人にとってもありがたいと言えます。

デメリット

業者に依頼することでの最大のデメリットは料金に見合った仕事をして貰えない可能性があると言うことです。

料金に見合った仕事をして貰っていると感じるかどうかは、その人の気持ち次第なのでなんとも言えない部分もありますが自分でやった方が良かったと感じてしまった場合は失敗と言えるでしょう。

また、ハウスクリーニング業者を装った詐欺というのも存在しているので詐欺被害に遭遇する可能性があるというデメリットもあります。

トイレの掃除を業者に頼んだ人の口コミ

良い口コミ

・実家の母に水回り5点セットをプレゼントしました。 作業当日は清潔感のある男性スタッフが2名いらしてくださり、長時間各々黙々と丁寧に作業をしてくださっていたように感じました。
・水回り(キッチン、洗面所、お風呂、おトイレ)をお願いしました。 女性スタッフ希望しました。 新人さんの女性さんかと思ったら、女性の方がプロで男性の方が新人さんでしたw 新人の方に教えながらも女性のスタッフさんはテキパキとお掃除してくださいました。

悪い(意見のある)口コミ

・うちは女性スタッフでとお願いしていたのですがまぁもう1人が男の人と言うとこまではよかったのですが見習いって。で、ある程度やったらその見習いだけに任せて次行ったのにはビックリ!! 追加で色々頼んで7万以上もかけて見習いはないわ!
『トイレクリーニングを料金と口コミで比較! – くらしのマーケット(https://curama.jp/toilet/)』
『【P代店負担☆】★プロの技術で徹底洗浄★女性スタッフ対応◎(https://curama.jp/toilet/SER172128909/)』

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレの掃除業者への料金相場などを記載して参りました。

トイレの掃除業者の料金はかなり幅がありますが、基本料金の中に含まれている清掃の内容もかなり異なっているので簡単な比較はできないのです。

まずは口コミをチェックして気になる業者を見つけたら、料金がどうなるのかを見積もりしてみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました