ガスコンロの魚焼きグリルの簡単掃除方法!汚れを防ぐ裏技は?

キッチン

ガスコンロで鍋を温めることは少ないという人でも魚焼きグリルの部分はよく使うという方もいるでしょう。

そこで、今回はガスコンロの魚焼きグリルを簡単に掃除する方法や、汚れを防ぐにはどうしたらいいのかも確認していきます。

焼き魚が好きだけど魚焼きグリルの掃除を考えると掃除するのが面倒くさすぎて億劫になっているという方は、簡単に掃除する方法を紹介するので是非とも見ていってもらいたいです。

スポンサーリンク

ガスコンロの魚焼きグリルの簡単掃除方法!


ガスコンロの焼き魚グリルを簡単に掃除するには油汚れに効果がある重曹やセスキ炭酸ソーダを如何に効率よく使うのかによって変わってきます。

準備するもの

・重曹またはセスキ炭酸ソーダ
・中性洗剤
・キッチンペーパー
・雑巾
・古歯ブラシ
・割り箸
・輪ゴム
・ラップ
・空のスプレーボトル

やり方

汚れの具合によって掃除の仕方も変わってくるのですが、一応準備しておくものを全部揃えておくと対応できる範疇が増えますので掃除用具は一式揃えてください。

ガスコンロの魚焼きグリルを掃除する方法

毎日の簡単掃除方法

①使い終わって庫内が冷めてから、ゴム手袋を着用して水を含めたキッチンペーパーで庫内を拭く

②手が届かない箇所は割り箸に濡らしたキッチンペーパーをまいてから輪ゴムでとめた『簡易お掃除棒』で丁寧に掃除する

③グリルの網などの取り外しが出来る部分は中性洗剤を満遍なくかけてから5分程度放置

④放置が終わったらスポンジや古歯ブラシ等を使って擦り洗いする

⑤水で濡らして固く絞った雑巾で拭く

⑥乾いたマイクロファイバークロスで水気を飛ばす

⑦焼き網だけ外した状態で5~10分ほど空焼きをする

⑧焼き網も元に戻して終了

本格的な掃除方法

①使い終わって庫内が冷めてから、ゴム手袋を着用して水を含めたキッチンペーパーで庫内を拭く

②手が届かない箇所は割り箸に濡らしたキッチンペーパーをまいてから輪ゴムでとめた『簡易お掃除棒』で丁寧に掃除する

③水100mlに重曹小さじ1杯か、セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を混ぜて洗剤を作る

④作った洗剤をキッチンペーパーに染みこませて庫内を含めたグリル全体に貼り付ける

⑤ラップをして密着させて30分程度放置する

⑥グリルの排気口部分も先ほど用意したお掃除棒に、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水を塗布して掃除しておく

⑦放置が終わったらラップとキッチンペーパーを剥がす

⑧水で濡らして固く絞った雑巾で拭いて洗剤成分を除去する

⑨乾いたマイクロファイバークロスで拭いて水気を除去する

⑩焼き網だけ外した状態で5~10分ほど空焼きをする

⑪焼き網も元に戻して終了

ポイント

・理想は中性洗剤で掃除することですが、油汚れは中性洗剤ではどうにもならないことが多いのでそのときは重曹水やセスキ炭酸ソーダ水を使って綺麗にする
・グリルによっては『お手入れ機能』が存在しているので、そちらを使うと庫内のニオイなどをある程度軽減することができる
・プレートパンは魚の切り身などを焼くときに必ず油が付着してしまう箇所なので、使う度に網とセットで掃除することが推奨される
・汚れがあまりにもひどいときはクレンザーやメラミンスポンジで削るという選択肢もある
・重曹は沸騰した水で溶かすことでより強力な洗剤となるので、汚れがひどすぎるときは沸騰した重曹水を使う事

魚焼きグリルを掃除する時の注意点


魚焼きグリルを掃除するときの注意点は使う度に掃除をしないと汚れが蓄積されてしまい、落としにくい状態になってしまうことです。

また、魚焼きグリルがフッ素加工の焼き網や受け皿になっていると擦り洗いで傷がついてしまうケースがありますので、自宅のガスコンロの材質がなんなのかは調べたおいた方がいいでしょう。

他にも、プレートパンも汚れの放置期間が長いとなかなか落とせない状態になりますが、金属たわしなどで擦りすぎるとセラミックコートの剥離の原因になりかねないので注意しましょう。

クリームクレンザーもしつこすぎる汚れを落とすために使い勝手がいいのですが、常用すると傷がついてしまったり変色の原因となってしまうので、クリームタイプのクレンザーを使うのは最終手段とした方がいいです。

あとは、魚焼きグリルは使った後は非常に熱い状態になるので、掃除をする時はある程度冷ましてから触るようにしましょう。

火傷する危険性があります。

他にも乾かすときに食器洗い乾燥機を使いたくなる人もいるかもしれませんが、食器洗い乾燥機を使うと変色や塗装の剥がれの原因となるので絶対にしてはいけません。

魚焼きグリルは前面パネルを含めるとある程度は簡単に分解できますが、作業しにくい場所で分解すると落とす危険性もあるということも意識してもらいたいです。

グリルの汚れがどうしても落ちない時は?


魚焼きグリルの部分の汚れが落ちない時は、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水とキッチンペーパーを使って密着させてから、メラミンスポンジなどで削り落とすというやり方が有効です。

しつこい汚れを落とすには、強力な洗剤を使うか洗剤と汚れを長時間密着させることが需要なのです。

ただし、食材を扱うグリルで強力な洗剤を使うというのは避けたいので、汚れと密着させる時間を延ばすというやり方を推奨します。

他の方法としてはクリームタイプのクレンザーを使うというものがありますが、これは重曹水やセスキ炭酸ソーダ水とキッチンペーパーを使った密着掃除が終わった後に実行してください。

これでも落ちない時は変色や傷が発生していると考えた諦め方がいいです。

グリルの汚れを防ぐ裏技はこちら!


魚焼きグリルの汚れを防ぐには汚れが落としやすいグリルプレートを使うという方法もありますし、『新 魚焼の達人』や『魚焼きグリル受け皿シート』や『サラッとはがれる ホイル』のような掃除が楽になるグッズを使う事です。

これらのグッズは実際に使ってみると汚れがかなり簡単に落とせるようになりますので、掃除が面倒で仕方が無いという方は有効活用してもらいたいです。

受け皿を洗わずにそのまま使えるというのは本当に便利なので、掃除が面倒くさくてあえて魚焼きグリルを使っていなかったという人は是非とも使ってみてもらいたいアイテムとなります。

ここで紹介した以外の便利グッズは色々とありますし、グリルプレートも種類がとっても豊富なので、魚焼きグリル掃除が面倒という方はそういったグッズを色々と見て回ってもらいたいです。

参照 『新 魚焼の達人(https://www.murauchi.com/MCJ-front-web/CoD/0000013827627/)』
『魚焼きグリル受け皿シート(https://item.rakuten.co.jp/at-life/4902172602357-010/)』

掃除の頻度はどのくらいがオススメ?


魚焼きグリルは使う度に簡単にでも掃除をすること推奨されていますが、その簡単掃除も結構面倒くさいです。

なので、今回紹介した便利グッズを使って汚れにくい状況にするといいでしょう。

こういったグッズを上手く活用することでグリルの洗い物が少なくなるというのは色々と忙しい主婦の方々にとってはとてもうれしい情報とも言えるので、これらを活用して掃除頻度を減らせるようにしてください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はガスコンロの魚焼きグリルの簡単

掃除方法及び汚れを防ぐ裏技は何かを紹介しました。

魚焼きグリルは汚れにくくするための便利グッズが色々とありますので、気になる方はネット上でもいいので商品を見てもらいたいです。

また、最新のガスコンロでは最初から汚れが落としやすい魚焼きグリルになっていることも多いので、掃除が面倒という方はガスコンロを買い換えることも検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました