電子レンジのガラス菅の汚れを掃除する方法とポイント!

キッチン

電子レンジにも色々と種類がありますが、中にはちょっと特殊な形になっていたり一部のパーツがむき出しになっているケースもあります。

今回は庫内の天井にガラスのヒーター管がむき出しになっているタイプのガラス館掃除をする方法について紹介致します。

ガラス館掃除は結構大変なのでどのように対処したらいいのか悩んでいる方も多いでしょう。

そんな方々にも必見となる情報満載です。

スポンサーリンク

電子レンジのガラス管の汚れを掃除する方法とポイント!


電子レンジのガラス管の汚れを落とす方法は基本的に重曹を用いたやり方となります。

ただし、ガラス管の掃除はちょっと大変なので、それを踏まえた上でチェックしていきましょう。

準備するもの

・重曹
・古布やキッチンペーパー
・マイクロファイバー
・柔らかいスポンジ
・アルカリ電解水
・綿棒
・計量カップ(電子レンジOKのもの)

やり方

基本的には重曹を用いた掃除がガラス管掃除となります。

ただし、ガラス管ということを踏まえて傷がつく行動は絶対にNGとなっているのです。

重曹を使った電子レンジ掃除のやり方

①耐熱性のある計量カップに重曹と水が1:4になるように入れて重曹水を作る

②つくった重曹水をカップに入れたまま電子レンジで3分から5分程度温める

③扉を閉めたまま10分から20分程度放置する

④放置している間はアルカリ電解水やマイクロファイバーを使って外側を綺麗にする

⑤放置が終わったら計量カップを取り外し、計量カップに含まれている重曹水を使いながらキッチンペーパーや古布で電子レンジの内部を拭いていく

⑥ガラスのヒーター管はできるだけ強く擦らないように意識しながらキッチンペーパーや古布や柔らかいスポンジと重曹水を使って丁寧に拭き取っていく

⑦ゴムパッキン部分の掃除も重曹水とキッチンペーパーや古布で行うが入らない場所は綿棒で綺麗にする

⑧操作パネル部分も残った重曹水やアルカリ電解水を使って綺麗にする

ポイント

・電子レンジ内部の汚れを落とすために重曹水を用いるが、掃除をしていないとかなりの汚れが落とせるので使い捨てるつもりで雑巾を用いるかキッチンペーパーを使った方がいい
・水垢がひどいときは重曹水だけではなく、重曹水を使った後にクエン酸水を作って同じように掃除すること
・汁物を中心に温めている人は電子レンジ内部に蒸気が溜まりやすいため水垢が発生しやすい、そういう人ほど意識してクエン酸を用いて掃除すること
・操作パネルの汚れを落とすときに誤操作してしまう危険性が高いのなら一度電源ケーブルを抜いてしまうこと
・電子レンジの外側には吸気口や排気口があるが、そこから洗剤成分が浸透すると故障の原因になるので直接アルカリ電解水や重曹水が入らないように気をつけること
・重曹はそこまでカビに対して効力を発揮しないので、カビ掃除が必要なら消毒用エタノールを用いること
・重曹の代わりにセスキ炭酸ソーダを用いたやり方もある
・重曹には掃除用以外に食用があるが、食用でも同じように使えるが単価が高いのであえて使う必要はない
・重曹の成分が残っていると白浮きが発生してしまうので、使い終わった後は徹底的に水拭きをして洗剤成分を落とすこと
・重曹は研磨作用があるので重曹水を用いて強く擦るのも危険

電子レンジのガラス管を掃除するときの注意点


ガラス管を掃除する時の最大の注意点が傷を絶対につけてはいけないことです。

粒子が粗い洗剤を使うとガラス管は容易に傷がついてしまうので使える洗剤がとっても少なくなります。

クレンザーを使えば簡単に落とせますが、傷だらけになる可能性があるのでNGですし、研磨作用がある歯磨き粉を用いて磨いても汚れは落とせるでしょうが削れるのでNGになるのです。

本来ならば重曹水もそれなりに粗いために研磨作用が発揮されるところですが、電子レンジで温めてから用いているのでしっかりと溶けているのでしょう。

また、重曹を温めるとより強力なアルカリ性の洗剤となるのでその効果も出ていると思われます。

これがガラス管を掃除する上での最大の注意点なので、傷付けないようにより慎重に作業をしないといけないのです。

ガラス管の汚れを放置するとどうなる?


ガラス管の汚れを放置するとより厄介な焼き焦げ汚れが付着します。

焦げは非常に落としにくい汚れに変化してしまうので、ガラス管で発生するのはとてつもなく厄介です。

ただでさえ電子レンジ内部は傷付けたくないため使える洗剤はすくないですし、強力な洗剤も口に入る食品を扱うという観点から重用しにくいのです。

つまり、数少ない方法で厄介な汚れに相対しないといけない状態になってしまいます。

なかなか落ちない汚れを相手に傷付けないように注意しながら作業を続けるのは結構メンタル的にキツイものがあるので、作業者の負担は大きいでしょう。

また、ガラス管の汚れがどうしても落ちないとヒーター効率が確実に低下するのでものを温める能力そのものが低下する恐れがあります。

さらに注意すべき事が、食品カスが付着している状態で加熱すると燃えるという現象が発見されているので、ヒーター管に付着した汚れが原因で発火するかもしれません。

ガラス管の掃除頻度は?


ガラス管の掃除頻度は個人的に1週間に1回以上はしたほうがいいと思います。

絶対に傷をつけては行けない場所となっているので、しつこい汚れが発生する前に対応するのが理想なのです。

あまり使っていない人ならば1週間に1回程度の掃除でも多いと感じてしまいますが、焦げが発生する前の対処が重要なのでこれぐらいでいいと思います。

逆に、家族が多くてみんなで同じ電子レンジを高頻度で使っているという方はガラス管を含めた電子レンジ全体の掃除頻度を増やした方がいいでしょう。

汚れが落ちない時はどうしたらいい?


これはとても難しいです。

とても傷つきやすい部位となりますので、デリケートな対応が求められます。

理想は重曹を用いて落とすことなのですが、これで落ちないのなら何度か繰り返すかより強力な洗剤を使うしかないでしょう。

使える洗剤も限られていますがクリームクレンザーと重曹を混ぜたものでガラス管を掃除したという人もいたので参考にできると思います。

あとは、重曹ペーストを用意してガラス管にラップで貼り付けるといった対応もいいでしょう。

普段ならばより研磨作用がある洗剤やより強力な性質がある洗剤を推奨するのですが、場所が場所だけにそれらは使えないのでお勧めできません。

電子レンジのガラス管の汚れの原因は?


電子レンジのガラス管の汚れは電子レンジ内部の汚れの原因と一緒です。

つまり、食品から出る蒸気や飛び散ったタンパク質などが原因となります。

吹きこぼれなどで電子レンジ内部も汚れますが、あれは底面が被害に遭う場所なのでガラス管にまでは強い被害は出ないでしょう。

そのため主な汚れの原因は食品から来るタンパク質と蒸気になるのです。

ただし、わかっていても防止できるものではありませんので、定期的に掃除をして焦げに繋がらないようにするのが理想でしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は電子レンジでヒーター部分がむき出しになってガラス管が見えるタイプの掃除方法を紹介しました。

本音を言えば、このガラス管が見えるタイプはガラス管の掃除がかなりキツイのでお勧めできません。

値段が安く設定されているタイプだとむき出しになっているケースが多いのですが、手間暇を考えると避けた方がいいと思います。

すでに家にある電子レンジがむき出しタイプならば、今回紹介した掃除方法を取り入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました