汚れたガスコンロの元栓の掃除のやり方!掃除頻度はどのくらい?

キッチン

ガスコンロは調理中の汚れや油が溜まってしまうので掃除をサボるとすぐにボロボロになってしまう箇所です。

そこで、今回は汚れたガスコンロの元栓の掃除のやり方について解説しつつ、そもそもの推奨掃除頻度はどのくらいなのかも見ていきます。

ガスコンロの元栓を掃除する時の注意点や、そもそも掃除をしないといけない理由はなんなのか、汚れを防ぐことはできるのかも調べていきましょう。

スポンサーリンク

汚れたガスコンロの元栓の掃除のやり方やポイント!


汚れたガスコンロの掃除方法についてはネットで大量にヒットするのですが、これが元栓と限定するとたちまち情報量が減少します。

そこで、今回は元栓のみに掃除対象を絞ってより具体的に紹介していきます。

準備するもの

・強めのスプレータイプのアルカリ性洗剤、無ければ重曹で代用
・古歯ブラシ
・マイクロファイバークロス
・雑巾
・空のスプレーボトル
・キッチンペーパー
・ラップ
・ゴム手袋

やり方

とても簡単に説明してしまうと、アルカリ性の洗剤を使って汚れに噴射して密着させてから簡単に擦り洗いするだけです。

ただし、汚れがあまりにもひどい時はちょっとやり方が変わります。

ガスコンロの元栓の掃除方法

①強めのスプレータイプのアルカリ性洗剤を用意する、無ければ沸騰した水200mlに使って重曹小さじ1杯を溶かして重曹水を作る

②元栓がしっかりと閉まっているか確認する

③換気扇を回したり窓を開けて換気する

④ゴム手袋を装着して元栓に用意したアルカリ性洗剤を満遍なく噴射する

⑤1分程度放置する

⑥放置が終わったら古歯ブラシで擦り洗いする

⑦空のスプレーボトルに水を入れて洗い流し、雑巾で水拭きする

⑧この段階で汚れが落ちていないのならもう一度アルカリ性洗剤を元栓に噴射する

⑨その上からキッチンペーパーで覆ってさらにアルカリ性洗剤を噴射し密着させる

⑩ラップで覆って洗剤成分が蒸発しないようにする

⑪30分程度放置する

⑫放置が終わったらラップとキッチンペーパーを取り外して、スプレーボトルに入れた水で洗い流しながら古歯ブラシで擦り洗いする

⑬水で濡らして固く絞った雑巾で丁寧に拭き取る

⑭乾いたマイクロファイバークロスで乾拭きして水気を飛ばす

ポイント

・基本的に元栓に発生する汚れは酸性汚れなので、アルカリ性洗剤で綺麗に落とせる
・とっても軽い汚れならばアルカリ性洗剤ではなくキッチン用の中性洗剤でも汚れは落とせる
・しつこい汚れになると洗剤と汚れを長時間密着させないと落とせないので、そのときはここで紹介したようにキッチンペーパーやラップを使って密着させる
・アルカリ性洗剤も強力になると素手で触ると肌にダメージを与えてしまう可能性があるので、使う前にゴム手袋をきちんと装着すること
・できればメラミンスポンジなどで擦り洗いしたいが、元栓のゴムの部分などがボロボロになる危険性があるので古歯ブラシで擦り洗いすること
・水で洗い流すときはまとめて洗い流したいところだが、それを実行すると水浸しになるので霧吹きでカバーすること
・元栓が閉まっていないと大変危険なので作業前に確認すること
・元栓の掃除をするときはできればガスコンロの掃除もセットにした方が効率がいい
・沸騰した水を利用した重曹水はかなり強力なアルカリ性洗剤なので、直接触ってはいけない
・強力なアルカリ性洗剤の中には希釈して用いるものもあるが、油汚れひどすぎる元栓を掃除する時は希釈する必要はない、ただし直接触ると危険なのでゴム手袋は必須となる

ガスコンロの元栓を掃除する時の注意点!


元栓掃除をする時の注意点は、まず元栓の扱いです。

掃除をしている時に元栓が開いていると事故の元となりますので、必ず締めておきましょう。

これはガスコンロ掃除をする時の鉄板となる作業となりますので、共通事項として覚えてもらいたいです。

次に注意すべき事は使う洗剤です。

元栓を定期的に掃除しているのならばキッチンによくある中性洗剤でも綺麗にすることができますが、全く掃除をしていない元栓となると高確率で油汚れが発生しているので中性洗剤ではなかなか落ちません。

そこで登場するのが、今回の掃除方法でも記載したように強力なスプレータイプのアルカリ性洗剤や沸騰した重曹水となるのです。

個人的にはガスコンロ掃除にかなり使える沸騰重曹水を使う方法を推奨します。

元栓を掃除しないといけない理由は?


元栓を掃除しないといけない理由は油汚れがひどすぎるとべたべたして触るのも億劫になるからです。

これが五徳の部分だと引火するなど致命的なトラブルが発生する可能性がありますが、元栓ならば完全に動かなくなるレベルで固着しない限りそこまでの影響はでないでしょう。

それでも、ベタつき汚れがひどすぎる元栓にはあまり触りたくないと思いますので、そうなる前に掃除することを推奨します。

油汚れがひどすぎるとそこに埃がくっつく確率がアップするので、余計に汚れる確率が上がるという問題もあるのです。

掃除頻度はどのくらいがオススメ?


ガスコンロのみに注目した場合は、ガスコンロを使い終わったらあっさりとでも掃除するというのが基本となります。

しかし、これが元栓となると推奨される掃除頻度がありません。

取扱説明書を見ても元栓を掃除する推奨回数については触れていないことが多いので、これは自分で判断しないといけないでしょう。

個人的な考え方としては毎日調理をするためにガスコンロを使うという人は1ヶ月に1回程度は元栓の油汚れを落とすための掃除が必要だと感じています。

しつこい汚れになりすぎる前に対処するのが正解だと思いますがそこまで高頻度で汚れる場所とも思えないので、こういった数字が出てきた次第です。

もちろん、油はねがひどいところではもっと速いスピードで汚れますし、逆に調理をほとんどしないという人は元栓を含めガスコンロ全体が汚れにくいので掃除頻度を減らしても問題ありません。

汚れを防ぐオススメの方法は?


ガスコンロの汚れを防ぐのはちょっと大変ですが、これが元栓のみとなるとある程度方法はあります。

具体的には油はねをガードするものを購入するのです。

商品としては『レンジガード』といった名前で売られています。

具体的にはこちらのショップ【Qザッカ】をご覧ください。

こういったレンジガードをしておくだけでも油はねによる被害は格段に抑えられるので、元栓が汚れる確率は減らせるでしょう。

どうしても汚れが落ちない時の対処法!


どうしても汚れが落ちない時は強力な洗剤を使うという方法もあります。

キッチンで強力な洗剤を使うのはちょっと怖いところがありますが、元栓ならばそこまで調理に影響は出にくいと判断して落としにくい汚れが出たのなら酸素系漂白剤を使うのもありでしょう。

オキシクリーンなどを用いて油汚れを落とすという選択肢です。

それが嫌ならば、今回紹介したキッチンペーパーやラップを使って密着させる方法を何度か繰り返し実行して少しずつ汚れ落とすしかないと思います。

それでもダメな時はガスコンロを買い換えることも検討した方がいいかもしれません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は汚れたガスコンロの元栓の掃除のやり方はどうなっているのか、推奨される掃除頻度はどのくらいなのかを解説しました。

元栓の位置によってはガスコンロの元栓掃除は結構面倒なことになります。

なので、今回紹介した油はねガードを使って汚れにくくするというのはかなり重要です。

アレを使うとキッチンの壁や床の汚れも減らせるので、油汚れが嫌という人は活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました