フローリングについた接着剤などののりを綺麗に落とす掃除方法!

フローリング掃除

フローリング掃除においてなかなかに厄介なのが飛び散ってしまった接着剤です。

そこで、今回はのりや接着剤がフローリングについてしまったときに、綺麗に落とす掃除方法を見ていきましょう。

そもそもどういった掃除をすればいいのか、固まってもとれるのか、フローリングの掃除に使ってはいけないものとは何なのかもセット紹介します。

とちびってしまって固まった接着剤やのりを除去することははたしてできるのでしょうか。

スポンサーリンク

フローリングについた接着剤などののりを綺麗に落とす掃除方法!


フローリングにくっついてしまった接着剤やノリを除去するための方法はそこまで多くないです。

ここでは具体的なやり方を紹介します。

準備するもの

・雑巾やマイクロファイバークロス
・接着剤クリーナー
・メタノール
・タイルカーペット用接着剤の剥離剤
・地ヘラ
・サラダ油
・ドライヤー

やり方

使用する接着剤によってやり方も多少変わってきますので、何の接着剤やのりを使ったのかを覚えておきましょう。

水性系接着剤を使ったときの対処法

①雑巾やマイクロファイバークロスを水で濡らして固く絞る

②固く絞った雑巾やマイクロファイバークロスで擦り洗いする

③乾いた雑巾やマイクロファイバークロスで拭く

④これでも落ちないのなら接着剤クリーナーを塗布して10分程度放置してから拭き取る

酢ビ溶剤形接着剤を使ったときの対処法

①用意した接着剤クリーナーを雑巾やマイクロファイバークロスに塗布して拭きとる

②水で濡らして固く絞った雑巾やマイクロファイバークロスで拭き取る

③乾いた雑巾やマイクロファイバークロスで拭く

④これでダメならメタノールを用意しそれを雑巾やマイクロファイバークロスに塗布して接着剤がくっついた場所に密着させ10分程度放置してから拭き取る

ウレタン樹脂系接着剤やゴム系溶剤系接着剤を使ったときの対処法

①用意した接着剤クリーナーを雑巾やマイクロファイバークロスに塗布して拭きとる

②水で濡らして固く絞った雑巾やマイクロファイバークロスで拭き取る

③乾いた雑巾やマイクロファイバークロスで拭く

④これでダメなら接着剤クリーナーを直接塗布して10分程度放置し、その後拭き取る

タイルカーペット用接着剤の剥がし方

①タイルカーペット用接着剤の剥離剤を用意してお湯で5倍希釈する

②用意した溶剤を接着剤がくっついた箇所に塗って20分程度放置する

③地ヘラなどを使って接着剤を削る

のりの剥がし方

①のりが付着した場所をドライヤーで温める

②サラダ油をのりが付着した箇所に塗って拭き取る

ポイント

・使っているのりや接着剤によって対処法が異なるので要注意
・接着剤の種類によってはなかなか除去できず、床材が変色したりする恐れがあるので目立たない場所でテストすることも大切
・メタノールを使う時は火気厳禁なので要注意
・剥離剤やクリーナーには注意書きがしっかりと書かれているのでそれをよく読んでから用いること
・どうしても落とせないときはメラミンスポンジで削るといった方法もあるが、ワックスが剥がれるので要注意

フローリングを掃除する時の注意点は?


フローリング掃除で注意すべき事は今回紹介する接着剤の除去作業によってフローリングに傷がつく可能性があること、そしてワックスが剥がれる可能性があるということです。

なので、この剥がすという作業をやるときは大掃除でワックスがけをするタイミングで実行するといいでしょう。

ワックスが剥がれた状態になると水が染みこんでしまってフローリングが変形したりカビが発生する危険性が出てくるのでむき出しの状態は危険なのです。

フローリングは水気や洗剤成分にそこまで強くないので、水気や洗剤成分と長時間触れている状態はNGと言えるでしょう。

これは剥離剤や接着剤クリーナーでも同じで、これらの成分が付着した状態で放置するのはフローリング的にもワックス的にもよくないと言えるでしょう。

また、ポイントでも紹介しましたが使う剥離剤や接着剤クリーナーにはそれぞれ注意書きが色々と書かれているのでそれをよく読んでから用いるようにしてください。

ちなみに、フローリングには『シートフローリング』と『無垢材フローリング』と『複合フローリング』があり基本的には『無垢材フローリング』と『複合フローリング』のどちらかになっている人が多いのですが、無垢材フローリングは水気と洗剤成分による影響を複合フローリングよりも受けやすいので注意しましょう。

フローリングについたのりが取れにくい理由は?


フローリングに付着したのりや接着剤がなかなか落ちない理由は、分子間力によってフローリングにのりや接着剤が綺麗に密着してしまい、剥がそうとしても密着しているためになかなか剥がせない状態になってしまうからです。

この現象は貼っている時間が長ければ長いほど悪化していくので、そうなる前に対処することが重要になってきます。

のりを放置しているとどうなる?


貼り付けたのりや接着剤を放置するとさらに密着してどうやっても剥がせない状態になります。

こうなると剥離剤や接着剤クリーナーを使ってもどうにもならないことが多いので、削るといった作業しか対処法が出てこないでしょう。

削ると再びワックスを塗るとかフローリングの状態をどうにかして元に戻すといった別の作業が必要になるのでそちらの方が作業的には面倒なので、見つけたらすぐに対処する意識を持ってください。

フローリングの掃除に使ってはいけないもの


フローリングの掃除に使ってはいけないのは中性以外の洗剤です。

いわゆるアルカリ洗剤も酸性洗剤も使わないようにしてください。

洗剤で使えるのはあくまでも中性洗剤と考えておきましょう。

また、水拭きはちょっとした汚れを落とすためには有用ですが、水分が残り続けているとフローリングに悪影響を与えるので掃除をする時は水気をきちんと除去するように心がけてください。

これは洗剤成分でも一緒で、掃除をする時は洗剤成分もしっかりと除去しましょう。

どうしても落とせない汚れがある時はクエン酸や重曹を使うことになりますが、成分を残さないようにちゃんと拭き取ってください。

のりがどうしても取れない場合は?


のりが剥がれないときは、何度か剥がすための作業を繰り返してください。

それでもダメなら最終的に削り取るという手段を選ぶしかないでしょう。

わかりやすいのがメラミンスポンジを使って削るという作業で、どうしても落とせないのりや接着剤による汚れが発生したのなら削り落とすのが正解となります。

ただし、フローリングの表面やワックスを削る可能性がありますので、削った後の対処も重要になってきます。

なので、個人的にはワックスがけをするような大掃除のタイミングでメラミンスポンジで削るという作業をした方がいいと考えています。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はフローリングについた接着剤などののりを綺麗に落とす掃除方法を紹介しました。

のりが付着したときは温めてサラダ油を使って擦り洗いするとある程度落とせます。

問題なのが接着剤でこれは接着剤の種類によって剥がし方が異なってくるのです。

その方法もかなり多岐にわたっているので、何の接着剤を使ったのかを理解した上で剥離剤や接着剤クリーナーを用いるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました